給料日まで1000円しかないときの対処法

給料日まであと1000円しかないという時にどうしたらいいのか…

給料日前にお財布の中に所持金が1000円!毎月毎月、いつも給料日前に1000円しか残らないような使い方は改めたほうがいいと思ってはいても、なかなかできません。

どうしたらこの千円で給料日前を乗り切ることができるか考えると、

考えられる限り安いご飯で過ごす(安いパンとかもやし炒めとか)、食事の回数を減らして1日2食にする

くらいしか思いつきません。しかし1日2食にしたところで、1食100円でも5日しか持ちません。つまり、1食100円も食べることはできない・・・

スーパーで特売日を狙って買うと、冷凍うどん5食198円、食パン1斤98円、たまご1パック98円、納豆68円くらいで買えることもあるので、それを狙って食べ物を確保することもできます。肉、魚は高いけどタンパク質を食べないと結局おなかが空いてしまうので、卵を特売の時に買っておくのは重要かもしれません。

毎月あと1000円で乗り切る方法を考えるのではなくて急な出費にも備えておくため貯金もしたいと思っています。いい加減良い大人なので、さすがに毎月お財布の中身は小銭だけ、銀行口座の残高もなし、の状態で過ごしたくありません。

所持金1000円ではデートするにもどこにも行くことができないし、友達と外食する時にもアレもコレもお金がないから行けなくて安いファミレス限定、では困ります。

もし実家が近ければ、実家でご飯を食べさせてもらったり、頼ることも考えることができますが実家も近くではないし、毎月頼ったりすると親にお金の管理ができていない事を怪しまれるので、あまりしたくありませんよね。


それに、本当に実家にも頼れず、所持金も捻出できない場合。でも出費の予定がある・・・そして給料日までの日にちが短く、すぐ給料の振込があり、次のの給料は出費の予定がすぐにないような場合には、必ず給料日に返済するという決意のもとに「お金を借りる」と言う選択も考える事ができます。

お金を借りる場合にも、キャンペーンで無利息な期間を利用すれば、無駄な利息を払うことなくお金を借りることができるからです。キャンペーンなどがあったら、利用する価値はありますが、給料日が来たら絶対すぐに返済すること!返さないとその期間に利息が膨らみ、返せなくなってしまうほどの金額になる事も…。借金の利息で首が回らなくなったら、給料日まで1000円しかなくて悩んでいるどころではなくなります。

無利息キャンペーンを上手に使える人限定ですが、どうしても困ったときには検討する余地ありではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする